広場・ヤマギシズム

ヤマギシズム運動、山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシ会などに関連した広場

福井正之

◎自己とはなんだろう

※吉田光男さんは『わくらばの記』のなかで、随時「自分とはなんだろう」と自問している。・本ブログの吉田光男『わくらばの記』(3)より。 〈2月5日:前に私は、「自分が自分であろうとするよりも、自分とは違う何者かになろうとしていた」と書いた。自…

◎福井正之の処女詩集「今浦島 抄」について

※福井正之氏の新ブログ『回顧―理念ある暮らし、その周辺』の9月6日に、〈「今浦島抄」から わが初発の感覚と認識〉が掲載された。 その詩集「今浦島 抄」について、思うことを書いてみる。 福井さんは1976年35歳の時、独特の理想を掲げた山岸会の初期のころ…

◎『回顧―理念ある暮らし、その周辺』について

〇今年7月から福井正之さんが、それまでのブログ『わが学究、人生の機微」を中断し、新たに、『回顧―理念ある暮らし、その周辺』として再開しました。 その経過は、2019年07月06日掲載の「ブログ再開の弁」に書かれています。 現在まで45編の記事があり、㉜…

◎書評『追わずとも牛は往く』

〇本書は、著者の40年ほど前の1976年から2年程の「北海道試験場」(「北試」―ヤマギシ会)の体験をふまえ、書き進められた記録文学である。 実際の「北試」というより、その可能性をひろげた著者自身の想定した「睦みの里」であり、著者から見たヤマギシズム…

◎福井正之『追わずとも牛は往く』刊行のお知らせ

〇夢太き人と大地と春の空 福井正之氏の『追わずとも牛は往く』が出版された。 この小説のエピローグの最後は、次のようになる。 〈「このことは人生についても言えるだろう。死期に近づけば近づくほど人生を右肩上がりに描きたくなる。丈雄ももはや七十半ば…

◎『わくらばの記』資料研に参加して

〇先日豊里実顕地に行き、吉田光男著『わくらばの記』の資料研に参加する。 当日は『わくらばの記』の2016年1月22日の箇所を資料として出し合う。 <人の目に見えなくすることで、あたかもそれが存在しないかのように振るまうのはいかにも姑息。ずいぶんそう…