広場・ヤマギシズム

ヤマギシズム運動、山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシ会などに関連した広場

吉田光男さんとの交流

◎特講について思うこと(吉田光男)

※吉田光男さんは「特講」の係を何度もしていて、「わくらばの記」で、おかしなこともしていたなと真摯に振り返っている。そこに受講者のみならず世話係、推進係がおちいりやすい盲点がいくつかあり、それを見ていく。〇吉田光男『わくらばの記』(5)から …

◎自分を見つめ直す

〇吉田光男さんは『わくらばの記』のなかで、随時「自分とはなんだろう」と自問している。」 福井正之さんの〈『わくらばの記』に触れて〉の一連の「問い直す」の論考も「自分とは何者なのか」がメインテーマになっている。 それに関連する『わくらばの記』…

◎「なぜ と問いつづけていく」「問い直す」という生き方

※福井正之さんは吉田光男さん逝去を受けて、10回に亘る「問い直す」のテーマで論を展開している。「なぜ、と問うことを続けている。」というのが『わくらばの記』に一貫して流れている特徴だと思っている。 私が『「なぜ と問いつづけていく」という生き方』…

◎吉田光男さんと「死生観」

〇ひとが生きるとは、死を迎えるとは 吉田さんが身近な人に託した「最後の時を迎えて」には、「私の死生観」、「救命措置について」を記し、御自分の「生」を支えてくれた沢山の方々に、感謝の意を添えている。 「死」を覚悟されてから、「自律的に生きるこ…

◎吉田光男さんと『わくらばの記』

〇『わくらばの記』について 『わくらばの記』(2015年12月25日~2017年4月6日)は、食道癌の宣告を契機に書き始め、2016年1月18日からの105日間の入院中に、いろいろ思いついたことをノートに取り続け、退院されてから整理して「わくらばの記―病床妄語』の…

◎知人・吉田光男さん逝去す

〇吉田光男さんが4月30日逝去されました。享年85歳。 吉田光男さんは、昨年(2016年)1月から、食道癌による105日の入院をされ、退院して元気になられましたが、今年3月ごろからガンの進行が早まり、再度入院することになりました。その頃からお身…