広場・ヤマギシズム

ヤマギシズム運動、山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシ会などに関連した広場

(46)問い直す⑤ イズム、イデオロギーへの嫌悪と見直し(福井正之)

〇 <自己存在観>(自分を知る)に関わるテーマBと<真理(真実)観>(ヤマギシ批判=自己批判)テーマAの統合などという少々大仰なテーマを打ち出したところで、また吉田光男さんの文章に舞い戻る。吉田さんの場合Aが主題であって私のような区分けは特に…

◎「なぜ と問いつづけていく」「問い直す」という生き方

※福井正之さんは吉田光男さん逝去を受けて、10回に亘る「問い直す」のテーマで論を展開している。「なぜ、と問うことを続けている。」というのが『わくらばの記』に一貫して流れている特徴だと思っている。 私が『「なぜ と問いつづけていく」という生き方』…

◎自己とはなんだろう

※吉田光男さんは『わくらばの記』のなかで、随時「自分とはなんだろう」と自問している。・本ブログの吉田光男『わくらばの記』(3)より。 〈2月5日:前に私は、「自分が自分であろうとするよりも、自分とは違う何者かになろうとしていた」と書いた。自…

(45)問い直す④ 「人生」への眺望を組み込んで(福井正之)

※福井正之さんは吉田光男さん逝去後、『わくらばの記』や吉田さんの論考などから、ご自分に引き付けて、「問い直す」というテーマで10回に亘って論を展開し、自身のブログに発表してきた。 随時それを取り上げながら、主にそれに関連したこと、及び、そこか…

◎山岸巳代蔵の思想、真理について

※わたしが持っている資料や『山岸巳代蔵伝』から山岸巳代蔵の著作を随時紹介していこうと考えています。なお、『山岸巳代蔵全集』は大きな図書館にはあると思うので、原文および関連するものはそちらを調べてください。 〇『正解ヤマギシズム全輯 第二輯』「…

◎「広場・ヤマギシズム」と『山岸巳代蔵伝』から

※ 阪神・淡路大震災から25年、今年は特に、記憶・教訓を継承する重要性を語る論調が目につく。 振り返って私が25年余所属した実顕地を離脱してから20年近くたつ。 吉田光男さんの『わくらばの記』は、2016年1月に食道癌で長期入院することになり、それ以前か…

◎「真理観」について(吉田光男『わくらばの記』から)

〇吉田光男さんの『わくらばの記』は、2016年1月に食道癌で長期入院することになり、それ以前から心においていた、〈ヤマギシに関連して、自分が向き合わなければならないテーマについて、これから書き続けてゆくつもりです。黙ったままであの世に持って行く…

(44)問い直す③ 真理って?、だが真実なら(福井正之)

私自身の2000年当時の<真理観>については、その時期からかなり経った『ジッケンチとは何だったのかⅡ部』(2009、左上資料編参照)において次のように記述している。〈たしかにもともと人間は、どこまでも理想・真理を求め、理念自体に化すことができる。私…

◎今年「広場・ヤマギシズム」について思っていること

○今思っていること 広場・ヤマギシズムについては、ヤマギシのことを考えていける一つの広場と思っています。また、後の研究者などに繋げればいいかなと思っています。 今の社会状況からも、実顕地・ヤマギシ会は、共同体として様々な角度から考察していくに…

◎福井正之の処女詩集「今浦島 抄」について

※福井正之氏の新ブログ『回顧―理念ある暮らし、その周辺』の9月6日に、〈「今浦島抄」から わが初発の感覚と認識〉が掲載された。 その詩集「今浦島 抄」について、思うことを書いてみる。 福井さんは1976年35歳の時、独特の理想を掲げた山岸会の初期のころ…

◎「〈在ったこと〉を〈無かったこと〉と為す」について

〇回顧―理念ある暮らし、その周辺』2019年07月08日投稿の〈在ったこと〉を〈無かったこと〉と為す」は中国の天安門事件に触れながら、実顕地の在り方に触れていく。 そして次のように論を展開する。 〈かつて私もある集団(学園)に属し、「学生たちに暴力を…

◎『回顧―理念ある暮らし、その周辺』について

〇今年7月から福井正之さんが、それまでのブログ『わが学究、人生の機微」を中断し、新たに、『回顧―理念ある暮らし、その周辺』として再開しました。 その経過は、2019年07月06日掲載の「ブログ再開の弁」に書かれています。 現在まで45編の記事があり、㉜…

◎2000年の実顕地からの大量離脱について②

〇その頃の実顕地の流れ 1993年にオールメンバー研鑽会が始まる。この研鑽会はSさんが中心となって『実践の書』を資料として詳細に検討しながら進めていく。 開催する中で、次第に山岸巳代蔵が描いた構想と現状の実顕地が随分かけ離れていったとの認識が強…

◎2000年の実顕地からの大量離脱について①

※体調不良で、しばらくこのブログの掲載は途絶えていましたが、少しずつ発信していこうと思います。〇以前、ヤマギシズム実顕地に参画していた人と交流する機会があると、2000年頃の大量離脱など、「あれはどういうことだったのか?」、と話が及ぶことが多い…

(43) 問い直す② 2000年頃の私(たち)から(福井正之)

先回<真理観>と<自己存在観>という二つの観点について書いた。これは吉田さん日録『わくらばの記』に対する私の最初のとっかかりとしての印象表現ということになろうか。こういう自前コトバやテーマは、私のような不勉強、ボキャブラリー不足の人間が、…

(42)「問い直す」ということ(福井正之)

吉田さん逝去の事態で、少々混乱したり取り乱したりしていることもあるかもしれない。私はどちらかというと感激性型の人間であり、それによって失敗することもままあった。それもあって、まず前回の吉田さん葬送の文章を見直してみる。かなり重大なことを口…

◎福井正之(41)吉田光男さんの逝きて「逝かざるもの」

※福井正之氏は以前のブログ「反転する理想」に、吉田光男『わくらばの記』を、ご自分に引き付けながら考察した記録があり、本人の了解のもとに、順次掲載していく。NOは掲載時のままにした。 〇4月30日吉田光男さんが逝去されました。享年85歳。 吉田光男…

◎吉田光男『わくらばの記』(21)

※今回で吉田光男さんの21回に亘った連載『わくらばの記』は最後になります。 これ以後も、随時その中の文章を取り上げながら、ヤマギシズム関連などの考察を書いていきたいと考えています。 また、福井正之氏も「わくらばの記」についていくつかの論考をご自…

◎吉田光男『わくらばの記』(20)

わくらばの記 断想(17・3) 8日に入院して、2週間目にしてようやく昨日退院しました。といって良くなったわけではなく、今後は在宅診療を受けることになり、鈴鹿の坂倉クリニックの診察をお願いすることになりました。坂倉先生としらゆり園の看護師さ…

◎言葉のお守り的使用と三重県アンケートとヤマギシズム学園について

〇「ヤマシズム学園についての三重県アンケート」について 友人から「ヤマシズム学園等から公立小中学校に通学する児童・生徒に対するアンケート調査記述内容一覧表」をコピーしたものの資料が送られてきた。 このアンケートは、1998年頃ヤマギシズム学園が…

◎説得的定義と「言葉のお守り的使用法」と実顕地

※日々彦「ひこばえの記」4月13日に「手づくりの定義へ(『定義集(ちくま哲学の森 別巻)』から)」を掲載した。その中に次の文章がある。〈『定義集(ちくま哲学の森 別巻)』の解説、鶴見俊輔「手づくりの定義へのすすめ」は次の言葉から始まる。 ・〈私は…

◎吉田光男『わくらばの記』(19)

わくらばの記 たまゆら➂(17・3)(3月×日) 朝日新聞掲載の片山杜秀氏の文芸時評を読んでいたら、次のような言葉にぶつかった。「近代西洋思想は進化や発展や成長のことばかりを言いたがり、過去よりも未来に高い値打ちを与えたがる。しかし、過去も現…

◎吉田光男『わくらばの記』(18)

わくらばの記 たまゆら②(17・2) 〈2月×日〉 最近は、食事を摂るのがひと苦労になった。少量の食事にすぎないが、全部食べ終わるまでに時間がかかり、まるで作業をしている感じになる。しかしまた、これが生きるための大事な手段ともあれば、おろそかに…

◎吉田光男『わくらばの記』(17)

わくらばの記 たまゆら①(17・1) 2017年の正月を迎え、手記のタイトルをどうしようかと考えているうちに、夢うつつに〈たまゆら〉という言葉が浮かび上がってきた。目覚めてから、言葉の正確な意味を辞書で調べると、「玉が触れ合ってかすかに音を立…

◎書評『追わずとも牛は往く』

〇本書は、著者の40年ほど前の1976年から2年程の「北海道試験場」(「北試」―ヤマギシ会)の体験をふまえ、書き進められた記録文学である。 実際の「北試」というより、その可能性をひろげた著者自身の想定した「睦みの里」であり、著者から見たヤマギシズム…

◎吉田光男『わくらばの記』(16)

わくらばの記 ごまめの戯言⑧ 〈12月×日〉 「世界一貧乏な大統領」として有名なウルグァイの前大統領ホセ・ムヒカ氏は、来日した際、自ら希望して学生を対象とする講演を行った。その講演で、氏はこう語った。 「みなさんは物を買うとき、それをお金で買っ…

◎吉田光男『わくらばの記』(15)

わくらばの記 ごまめの戯言⑦ 〈11月×日〉 11月度の村人テーマは、「『研鑽会にしていく』とは?」である。テーマ解説には、さまざまな事例が紹介されており、例えばメニュー板の表示の仕方や風呂の蓋を開けておくのか閉めておくのかといったことが、話題…

◎吉田光男『わくらばの記』(14)

わくらばの記 ごまめの戯言⑥ 〈10月×日〉 昨日、豊里のSさん夫妻が来た。ゆっくり話すのは久しぶりのことで、いろいろ意見を交換できて面白かった。特に、養豚では最近、最新式の豚舎が建てられるようになったが、かえって手間のかかることが多くなったらし…

◎吉田光男『わくらばの記』(13)

わくらばの記 ごまめの戯言⑤ 〈9月×日〉 喜一さんは、自分の葬儀について、なぜ親族に限る、つまり村人の参列を拒否するような遺言を残したのだろうか。偲ぶ会などで、自分の棺を前にしてあれこれ語ってほしくないという心境だったのかもしれないが、それが…

◎吉田光男『わくらばの記』(12)

わくらばの記 ごまめの戯言④ 〈8月×日〉 特講の歴史を自分なりの見方でまとめてみたが、夜中に目が覚めたりすると、それに関連したさまざまな出来事が思い出されてくる。そんなことをポツリポツリと書いてみることにする。 あれは私がまだ韓国にいてビザの…