広場・ヤマギシズム

ヤマギシズム運動、山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシ会などに関連した広場

◎福井正之の処女詩集「今浦島 抄」について

 ※福井正之氏の新ブログ『回顧―理念ある暮らし、その周辺』の9月6日に、〈「今浦島抄」から わが初発の感覚と認識〉が掲載された。
 その詩集「今浦島 抄」について、思うことを書いてみる。

 福井さんは1976年35歳の時、独特の理想を掲げた山岸会の初期のころの北海道試験場(北試)に共鳴して一家を伴って参画した。
 その共同体は徐々に社会的にも認められるようになりヤマギシズム実顕地としては参画する人も増えていったが、福井さんはは数々の疑問を覚えるようになり、1999年そこから離脱した。60歳を迎えようとしていた。
 その後、それは自己の人生にとって、どういうことだったのかと、書くことをとおして旺盛な文筆活動を始めるようになる。

 私自身は、現象としては氏と同じような歩みをすることになり、離脱後の文筆活動に様々な刺激を受けてきた。
 特に処女詩集「今浦島 抄」は氏の文学活動の初々しい原点となると思っていて、一部抜粋とはいえその再録を嬉しく思っている。
 
 特に、このブログに紹介された「私の思想」につながるはじめの何篇かは特に印象深く何回か読んでいる。
 このブログに、わたしのノートから挙げてみる。

                    • -

 
 〇詞 集 <今浦島 抄> 番 一荷

<序 詞>天命(1)
・1976年春
おまえは書くことを断念して飛んだ
あのような生活をしたくて  なろうことならあのような人たちになりたくて
やれないことはない そう信じて飛びつづけてきた
そして1999年春 おまえは行動を断念して書いていた
あのような生活とあのような人々が帰結するものについて
どのようにやっても  こうしかやれなかったことについて


・今 浦 島
竜宮城の二十年も 終ってみればあっという間だった
楽しい時間というものは記憶に残らぬ あるいはふんわり単調な時間も同じ
あんなに長い一日 生活丸ごと保障でなんの不安もない
あったかも知れぬ危機はすべて タイやヒラメが舞い踊った一体のお芝居
帰ってみて玉手箱を開ければ
にわかに襲いかかった幻滅の老後  なんの稼ぎも蓄えもない
残ったのは覆ったお伽噺の残骸


・ピリウド
周囲の発するすべてのセンテンスに  クエスチョンマークをつけていた
どこからもピリウドが返ってこなかった
そのうち自分が巨大なクエスチョンマーク自体となり
ふわふわと宙に漂いはじめた
どこかにピリウドがないか 
Yは巨大なピリウドだった  大地であり安息所だった
二十年たってそこもまた
いくつものクエスチョンマークをつけないではいられなくなった
いままた振り出しに戻る
子どものように嬉々として巨大なクエスチョンマークを繰り出したいが 
エネルギーに欠ける
いまはピリウドを探さない  自分でピリウドを打つのだ
小さなピリウドでいい 自分の全身を振り絞って  打てないところはそのままに
クエスチョンの酩酊も ピリウドの安息も  きわどく避けながら


・<転 位>いまのままでよい
あそこで―――わたしの転換が変わりばえしなかったのは 
どう視点や眼鏡をかえても 見ていたのは同じ穴蔵の同じ風景 
おまけに幸福一色の世界に居るはずと思い込んで
いちまいの風の不安や ふとよぎる徒労の感覚も 
すべて間違いとして抹消してきたようだ
そのうちわたしの感情の配線がそれを感じないように
無意識の訓練を積み重ねてきたのかもしれない
だからわたしの不幸感の片鱗でも  敏感にキャッチし目をそらさないこと
そしてまず私の全感情を肯定してみること


・私の思想<自分の住む所には自分の手で表札をかけるに限る 精神の在り場所も、ハタから表札をかけられてはならない。石垣リん。それでよい>(石垣りん)


ところが住むところには同居もあれば貸室もあって
他人の表札が下がっている場合がある
貧乏でやむを得ずそうしていることもあるが
身を隠すために好んでそうしている場合もある
私は
その主人に相共鳴したばかりでなく
さらに一体化せんことをねがい
自分の表札を外した
その方が大きな目的だったし
また安楽だったのだ
それは精神にとって、つまり“私の思想”にとって危機なのだといつしか思うようになった<大事なのは他人の頭で考えられた大きなことより、自分の頭で考えた小さなことだ>(村上春樹)


“私の思想”とは
どうもその小さなことに関わりがあるようだ
でもこれまで<他人の頭で考えられた>ことが
いっぱい詰まっていて
それ以外のことはぼんやりしている
そのなにかが蘇るために
貧しく不安多くともあえて別居し
いまだなにもない小さな部屋の表札に
番正寛と記す

※以下は「回顧―理念ある暮らし、その周辺』(9月6日)〈「今浦島抄」から わが初発の感覚と認識〉参照。