広場・ヤマギシズム

ヤマギシズム運動、山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシ会などに関連した広場

◎「広場・ヤマギシズム」について思うこと(二つのお便りから)

※このブログを公開して、様々な反応がありました。そのことを含め、いくつか留意点をあげてみます。 ・以前に発表したものは、その時点で考えたことでもあり、その後見方が少し変わったところ、より考えた個所もありますが、大まかな趣意は変わらないので、…

◎ある「お便り」から(山岸巳代蔵の思想について)

〇Kさんから次の「お便り」がありました。 ・Kさんの問題意識は大きくは「集団と個人」というテーマだと思いました。 それに関しては、私もそうだと思っています。 個人の自立、個的自由が尊重された一人ひとりの相互依存、共生で成り立つ集団、社会という…

◎各々の立場において、真実、それに自己を生かす

〇山岸巳代蔵の思想についての覚書(2) 山岸巳代蔵の「ヤマギシズム社会の実態」に次の表現がある。 〈各々の立場において、真実、それに自己を生かすことによって、闘争等絶対に起るものではなく、かえって工場は繁栄し、自己を豊かにします。妻は妻、夫…

◎新たにブログ「広場・ヤマギシズム」を立ち上げる

〇お知らせ 山岸巳代蔵、実顕地、ヤマギシズム運動などについての記録・資料は数多あり、『山岸巳代蔵全集』関連の膨大な記録もある。 戦後生まれたコミュニティー・共同体の規模、現在まで続いている継続年数、農業法人としての活動もかなりの実績をあげて…

◎吉田光男さんと「死生観」

〇ひとが生きるとは、死を迎えるとは 吉田さんが身近な人に託した「最後の時を迎えて」には、「私の死生観」、「救命措置について」を記し、御自分の「生」を支えてくれた沢山の方々に、感謝の意を添えている。 「死」を覚悟されてから、「自律的に生きるこ…

◎吉田光男さんと「なぜ と問いつづけていく」という生き方

〇吉田光男さんから受け取りたいと思っていること 『わくらばの記』は、食道癌による入院前の2015年12月25日から書き始めている、年明けて、84歳の誕生日の1月3日に次の記録がある。 〈『1★9★3★7』はずしりと重い。しかし、逃げるわけにはいかない。これ…

◎吉田光男さんと『わくらばの記』

〇『わくらばの記』について 『わくらばの記』(2015年12月25日~2017年4月6日)は、食道癌の宣告を契機に書き始め、2016年1月18日からの105日間の入院中に、いろいろ思いついたことをノートに取り続け、退院されてから整理して「わくらばの記―病床妄語』の…

◎知人・吉田光男さん逝去す

〇吉田光男さんが4月30日逝去されました。享年85歳。 吉田光男さんは、昨年(2016年)1月から、食道癌による105日の入院をされ、退院して元気になられましたが、今年3月ごろからガンの進行が早まり、再度入院することになりました。その頃からお身…

◎ある投稿から、ヤマギシズム学園問題に触れる

〇「集団のもつ危うさについて」(2016・3・16)の補考として 以前、ある実顕地の学園中等部にいた、依存症の病院の院長をされているというY氏の活動がテレビで放映されたとの情報から、あるヤマギシ会会員さんから次のような投稿があった。 「その人の名前…

◎『奥村通哉さんのこと』 吉田光男

〇通哉さんの偲ぶ会にはぜひとも出席する予定でいましたが、体調が思わしくなく、もしかしたら出席できないかもしれないと思い、急遽心に残ることのいくつかを書き記してみました。 通哉さんのここ数年間の活躍ぶりについては大勢の方々がご存じのことで、私…

◎山岸巳代蔵と山岸会、そして実顕地へと

〇ヤマギシ会、実顕地に関する覚書 (2016年10月記録の改訂) ・はじめに ブログに「山岸巳代蔵の思想についての覚書①」を書いた。それに伴って山岸会や実顕地の変遷について、様々な角度から見てみようと思った。この稿では、何故山岸会の運動が注目され、ど…

◎山岸巳代蔵の思想についての覚書➀

〇理想と具現方式 リンク先のF氏のブログ「自己哲学第2章『反転する理想』」の(22)「権威」から<権力>化への、わが<貢献> ①を読んで、いろいろ思うことはある。ここではまず、知人の要望に応えているのかどうか分からないが私の思うことを書いてみる。…

◎「わくらばの記」-吉本隆明との対話から

〇そんな子はいない→そんな子はいてはならない→そんな子の存在は許されない。 「病床妄語」〈1月31日〉 文章を読んでいて書き手の心が感じられないものは、読み続ける気がしなくなる。多くの解説書の類がそうだし、身近なものではSさんの文章がそうだ。 …

◎『わくらばの記』から、わたし自身の課題として

〇わたし自身の課題として 「病床妄語」〈2月3日〉 利尿剤のおかげで、夜中でも2時間おきに目を覚ます。そのため頭が少しボーっとする感じ、まさに夢か現かといった暮らしである。ただ、今のところ痛みが全くないので助かる。 今思うと、半年くらい前から…

◎理想を掲げた集団や実顕地についての覚書(2)

〇ある事例から(Cさんからの聞き書き1) ヤマギシズム実顕地の学育、学園で活動していたCさんと話をする機会があった。 彼女は10年程、一番大きな実顕地(豊里G)の学園の係りなどをしていて、その頃のことが係として、また自分の子どもたちの現状を見…

◎理想を掲げた集団や実顕地についての覚書(1)

〇私的信念と私的態度 信念と態度について、今の自分に引き付けて考えてみる。ここでいう信念は、辞書的な固く信じて動かさない考え方であるとともに、もっと緩やかなもの、だが疑いをさしはさもうとしない心をも含んでいる。 信念も態度も、時代や社会、環…

◎奥村通哉さんの死去 

〇​ 昨日(6月29日)奥村通哉さんが逝去された。 6月に入って、知人のO氏から、奥村さんの容態について連絡を受けていました。12日には入院、点滴となり、電話で連絡したところ、食欲が全くないと仰っていましたが、意識も記憶力も鮮明で、一先ずは安…

◎高田かや〈作〉『カルト村で生まれました』について

〇学園生活を振り返る 知人F氏の25日のFacebook投稿で、高田かや作『カルトの村で生まれました』とのコミックエッセーを知り、早速取り寄せて読んでみた。元ヤマギシズム学園出身者が当時の自分たちの生活を描いたコミックエッセーのことである。 F氏による…

◎「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ」について

※、これを掲載した2015年12月に「アズワンコミュニティ鈴鹿」は、2016年7月に「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ」と、名称が変更された。 〇「アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ」は、様々な方式で積極的に発信していること、そこに関心を抱き、共…

◎「言うことと聞くこととのあいだ」 吉田光男

〇山岸さんの言葉にこういう文言がある。 「どうもはき違い、聞き違いがずいぶん多いわね。正確に聴き取ったという人は一人もない。みな、謂ったら誤解や。それがずいぶん邪魔するということね。『わしはあの人をこう聞いた』といっても、言った人の気持ちと…

◎異質の大人がいない、兄弟姉妹の多い共同体で何が育つのか 

〇ヤマギシズム学園の構造 K市に移住してから、食事時間は娘と一緒のときが多い。ほとんど1時間どころか2時間以上に及ぶこともある。夫婦二人だけの食事が長かったこともあり、とにかく面白い。感覚・感性がまるで違うのである。気兼ねを全く感じさせない…

◎奥村通哉さんを偲ぶ会で 

〇奥村通哉さんを偲ぶ 先日、6月29日に亡くなられた奥村通哉さんを偲ぶ会が京都の船南実顕地であり参加した。船南実顕地は奥村和雄・きみゑ夫妻がはじめた実顕地で、きみゑさんも6月2日に亡くなられている。また、近くに通哉さんの居宅がある。 当日は、…

◎気が置けない仲間との交流(3)

〇自分の身体で「感じ、考える」人へ 今回参加したメンバーに、私を含めて、各部門で主になって進めていた人たちもいた。当時の実顕地の方向性、実情について、ある程度掴んでいることもあり、様々な角度からの話が弾んだ。その中で、実顕地全体を進めていく…

◎気が置けない仲間との交流(2)

〇われ、実顕地とともに繁栄せん 25年余所属していたあるコミュニティ(ヤマギシズム実顕地)の仲間と寄る機会があり。それぞれの近況を語り合いながら、当時(15年ほど前まで)の実顕地のことを振りかえった。 いずれの方もそこを離れて15年~20年以…

◎気が置けない仲間との交流(1)

〇あれはどういうことだったのだろう ​ 25年余所属していたあるコミュニティの仲間と寄る機会があり参加した。今でも交流をしている人、10数年ぶりにお会いする人、活動を共にしたことのある人、ほとんど接点のなかった人、感覚的に距離を置いていた人、…

◎指向性の強い観念と実顕地のこと

〇ブログの『野火』(1)についての感想で次のことを書いた。 「極度に(観念が)肥大したということは、本来的に持っている感覚機能を鈍らせ、素朴な感覚とはなはだかけ離れたことを考える可能性もあるということになる。さらに生まれつき持っているだろう…

◎ヤマギシズム実顕地について思うこと

〇はじめに 村岡到氏から『ユートピアの模索 ヤマギシ会の到達点』を送っていただきました。読ませていただき、村岡氏が長年にわたって究明されてきた問題意識に照らし合わせて、実顕地が持つ豊かさや可能性など、一つの見解として纏め上げたと感じました。…

◎問い続けること、忘れられないことについて 

〇身近な人の事例から 問い続けること、忘れられないことについての、最近の二つの事例に触れる。知人やそれと関係のある人の事例だが、特殊とはいえ内容的には共通するような事例もあると思っている。一つの事例として、推測を交えながら述べてみる。 Aさん…

◎実顕地を考えることについて

〇語りきれないこと 先日のブログ(5月11日)やFacebookに「いのちをめぐる対話から実顕地について考える」という内容を投稿して、数人の方からコメントをいただいた。そのコメントから、いろいろ考えるところがあり、述べてみる。 誰でも様々な体験があり、…

◎共同性、共同幻想について(鶴見俊輔と吉本隆明)

〇鶴見俊輔と共同性 ​ 先日のブログ(5月11日)「いのちをめぐる対話」で、私が所属していたコミュニティ(実顕地)の中で、鶴見氏の特講感想についての文を紹介し、鶴見氏のいうところの「共同性」は、「お互いの『ずれ』や『曖昧さ』や『疑い』を容認し…